非公開求人が多数を占める薬剤師の企業への転職

薬剤師が企業に転職したいと考えたらエージェントの力を借りることは必須

薬剤師として働く際には調剤薬局や病院が選ばれがちですが非公開求人とは薬剤師が企業に転職したいと考えたらエージェントの力を借りることは必須

この戦略は成功したと言えるでしょう。
新しい医薬品や医療機器の開発には興味があったため、その周辺の仕事に就きたいという気持ちを持っていました。
そこで、治験コーディネーターや臨床開発モニターとして働きたいという気持ちを伝え、その適性があるように自己PRを行ったのです。
どちらの立場で働くにしてもコミュニケーション能力と時間管理能力、書類の処理能力が重要になります。
医師とも患者とも円滑にコミュニケーションが取れる実務経験があることや、病院でタイトなスケジュール管理を経験してきたことを伝えて戦力としての資質をアピールしたのです。
それを理解してくれたことで非公開求人である製薬企業の臨床開発モニターの募集を紹介してもらい、すぐに採用をもらうことができました。
公開求人では全く見かけられなかったものであり、エージェントに相談して戦略的に話をすることでようやく辿りつけたものです。
待遇も良くて年収も転職前に比べると向上しており、その点もエージェントが先方と交渉してくれたのではないかと察することができます。
薬剤師が企業に転職したいと考えたらエージェントの力を借りることは必須という点がよくわかる転職経験でした。