非公開求人が多数を占める薬剤師の企業への転職

非公開求人とは

薬剤師として働く際には調剤薬局や病院が選ばれがちですが非公開求人とは薬剤師が企業に転職したいと考えたらエージェントの力を借りることは必須

そこで気づいたのが求人サイトのにある非公開求人という文句であり、サイトの運営団体に連絡することで紹介を受けられる可能性があるのではないかと考えたのです。
エージェントを利用するのが効果的な求人探しの方法であるということを知ったのはそのタイミングです。
エージェントを頼ってみるとわかったのが、企業からの募集は即戦力を求められているため、非公開求人となっていることが多いということでした。
エージェント側としても信頼関係が問題になるため、本当に求められている能力を備えている人しか紹介することができないということです。
その話を聞いて、エージェントには自分の姿をそのままさらけ出してはならないということに気づきました。
特定の職種に就くことを想定して、自分の考え方や興味などを伝えなければ紹介してもらえない可能性が高いとわかったのです。
そこで、このエージェントからは紹介を受けることは半ば諦めて、別のエージェントとも連絡を取って転職を進めていくことにしました。
最初のエージェントからは企業での仕事にどのようなものがあるかを聞いて、それぞれの職種で求められている能力について聞くことにし、それに基いて次のエージェントに自分の考えを非公開求人を紹介してもらいやすいように伝えたのです。